家庭薬の昔 日々進歩する家庭薬の昔をお伝えします!

家庭薬ロングセラー物語

オットピン-S発売開始年:1962(昭和37)年企業ロゴ

蘇る男性力!男性ホルモン(メチルテストステロン)1g中含有量、日本一!(※当社調べ) 更に絶倫動物オットセイの油を配合!
商品の歴史と説明

酒類会社としての創業

【販売当時、横綱吉葉山を起用した
「オットホル」ポスター】

創業者の浦部一次は、北海道で味噌・醤油を作る家に生まれました。
成長した一次は、樺太(現:サハリン)に渡り、多くのオットセイを目の当たりにし、 実家が商売をしていたこともあり、オットセイで何か商売ができないかと考えました。 そこで、中国や国内の文献を読み漁り、1935(昭和10)年会社を立ち上げ、 樺太豊原工場にて薬味酒「オットホル」を製造し、販売を始めました。
1938(昭和13)年東京都渋谷区に営業所を開設、隣接地に第二工場、年間3000石製造となり 千葉県船橋市に第三工場を新築、国内はもとより海外でも好評を得、広く販売しておりました。

太平洋戦争による苦難と再開

1945(昭和20)年8月、太平洋戦争の終戦により、原料生産の宝庫である樺太海豹島の利権を失い、製造中止のやむなきにいたりましたが、8年後の1953(昭和28)年3月に、アメリカ・カナダ・ソ連・日本の4か国により、太平洋条約(別名オットセイ条約)が締結されたことで、水産庁が生態研究調査したオットセイの肉・内臓を、 医薬品・化粧品・健康食品等の原料に使用することを前提に、水産庁からの払い下げにて入荷再開いたしました。
これにより、1954(昭和29)年オットセイを原料とした製品の製造販売を再開することが出来ました。

医薬品業への転換

【発売当時「オットピン」】

1954(昭和29)年に薬味酒「オットホル」が復活できた浦部一次は、 「オットホル」が薬用であったことから、「医薬品の分野で人々の役に立ちたい、社会貢献をしたい」と思い立ち、1955(昭和30)年1月に医薬品製造の免許を取得し、20数種類研究開発を進め、その中の一つとして 1962(昭和37)年10月に、液剤の男性用外用ホルモン塗布剤「オットピン」を発売いたしました。
さらに1964(昭和39)年に「オットピン」の軟膏剤仕様として「オットピン-S」を発売致しました。

「オットピン」の名前の由来

【樺太のオットセイ写真】

「オットピン」は、オットセイと夫をかけた「オット」と、元気になる意味の「ピン」をあわせた造語になります。
オットセイは昔から漢方薬として重宝されていたこともあり、また、一夫多妻主義の絶倫動物であるため、世の中のお父さんたちの健康的な家庭の繁栄に貢献したいという思いが込められております。また、何よりも弊社がオットセイとは切っても切れない縁の深い動物であることは言うまでもありません。
「オットピン」に配合される精製オットセイ油は、メチルテストステロン(男性ホルモン)の吸収を助けることが期待できます。

何故メチルテストステロンなのか

【1990年代「オットピン-S」 】

代表的な男性ホルモン作動薬には、元々あるテストステロンとそれにメチル基が付いたメチルテストステロンの2種類があります。テストステロンは、経口剤だと、肝臓で代謝されて不活性になってしまう為、効果が消えてしまいます。このデメリットを補うために開発されたものがメチルテストステロンであり、経口でも効果があります。
「オットピン」は、テストステロンの効果を皮膚から吸収する塗り薬の為、経口で効果がないのは関係ないですが、経口でも効果のあるメチルテストステロンの方が、より体内で安定すると考えて、こだわりを持って開発したという経緯があります。

発売当初から現在

  【2019年提案商談会出展時写真】

発売当初は、日本において精力剤に対する社会的偏見は現代とは比べものにならぬほど強く、売れ行きは伸びず苦難の道のりでしたが、広告・訪問などの営業努力の結果、今では弊社主力商品にまで成長致しました。
近年、加齢やストレスによる身体の機能低下や、不安やうつ、イライラ、不眠といった精神症状の原因に、ホルモンの分泌低下が関係していることが明らかになってきました。「オットピン-S」は、加齢などで低下した男性ホルモンを、塗り薬として皮膚から吸収・補充して、本来あるべき生理的範囲内に戻すことにより、健康で心身ともに自立した生活を、一生を通して送ることを助ける事で貢献になる商品だと考えております。
また、弊社では、婦人更年期障害などに有効な女性用ホルモン剤「オーロラ-S」の製造販売も併せて行っており、これからの時代を見据えて、様々な企業努力と社会貢献を目指しております。

商品紹介

商品の特徴

  • 一般用医薬品男性ホルモン剤において、有効成分(メチルテストステロン)量が一番多く(1.0g中20mg)が配合されております。また、精製オットセイ油により、効果がさらに期待できる商品になっております。
第2類医薬品 ※パッケージは変更する場合がございます。
第1類医薬品 ※パッケージは変更する場合がございます。
商品詳細(一例)オットピン-S
効能・効果男子更年期及び更年期以後における精力減退、勃起力不全、早漏、陰萎、遺精、前立腺漏、精液漏、男女恥部無毛症、更年期障害(頭痛、倦怠、記憶力減退)、男子一般老衰現象の予防及び回復
用法・用量
  • 1回0.1~0.2g、1日3~5回を男子性器・内股等に塗布してください。目安として、0.1g=1㎝程度。
成分・分量
  • 成分・分量(1.0g中) 有効成分:メチルテストステロン20㎎
添加物:成分・分量(1.0g中) 添加物:精製オットセイ油、オリブ油、白色ワセリン、無水エタノール、香料(ℓ-メントール)
注意事項
  • この医薬品は、薬剤師から説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。
他の製品を検索