家庭薬ロングセラー物語

シッカロール
発売開始年:1906(明治39)年

企業ロゴ 赤ちゃんの保健衛生のため質の良さを貫いてきたベビーパウダーのパイオニア。 商品の歴史と説明

身近な粉で“あせも”の治療

あせもは、ほとんどの赤ちゃんに一般的に見られる症状で

「なく声の大いなるかな汗疹(あせも)の児        高浜虚子」
と俳句にも歌われています。
江戸時代の女性の心得を記した往来物(現在の教科書に相当)である『女用訓蒙図彙(1687年)』には、あせものくすりとして「はまぐりがいをやきて、うどんの粉と粉まぜて布につつみて、ふるいかけてよし」というような記述があります。また、江戸時代の代表的な育児書である『小児必用養育草(1703年:香月牛山著)』には、「…牡蠣粉、或いは葛の粉又は天瓜粉(天花粉)をすり塗りたるがよし、かくのごとくすれば夏はあせぼを生ぜず、いずれも皆粉を随分細かにしてぬるべし…」と記載されています。
このように江戸時代には、生活の知恵として乳児の入浴後には米粉、牡蠣粉、葛粉、天瓜粉(天花粉)、ひき茶などの自家調製された粉があせもの治療に使われていました。この当時は、まだ市販品は普及しておらず、あせもの予防として風呂あがりに使われることは少なかったようです。
明治時代になってもあせもの治療には、葛粉、ひき茶、小麦粉、蕎麦粉、天瓜粉(天花粉)等の粉が使われていたことは、『育嬰草(1877年)』などの育児書等からもうかがえます。明治中期になって初めてシッカロールの有効成分である亜鉛華(酸化亜鉛)の記述が出てくるようになり、明治後期には亜鉛華澱粉が幅広く使われていたようです。

シッカロールの誕生

このように、あせもの治療に使われていた天瓜粉(天花粉)などの種々の粉を、あせもの予防という日常的な使い方にして普及させたのが、和光堂薬局を開設した弘田長博士です。弘田長博士は、東京帝国大学薬学科の丹波敬三教授と共にドイツ医学の知識を持って、あせもやただれにより有効な処方を作りあげました。医薬と薬学の博士二人が生み出した名作、シッカロールの誕生です。1906年(明治39年)のことでした。(写真1)

写真【(写真1)1906年発売の シッカロール】

当時のシッカロールの成分は、亜鉛華40%、タルク40%、澱粉20%の割合でした。『女用訓蒙図彙(1687年)』に記されているあせものくすりとして「はまぐり(無機物)」と「うどん」の組み合わせが記されていますが、シッカロールの成分においても「タルク(無機物)」と「でんぷん」が組み合わされたというのも必然性が感じられ、興味深いものがあります。シッカロールの品質や効果の優秀性は顧客から折紙をつけられていましたが、明治39年の発売当初、シッカロールは和光堂薬局の片隅にあった4畳半の小部屋で原料を乳鉢で混合しながら細々と作られていました。

パッケージの移りかわり

写真【パッケージの移りかわり】

1906年(明治39年)のシッカロール発売当時は、金太郎の腹巻をした子どもの図柄でしたが、その後は格子縞に母親と赤ちゃんのデザインとなり、昭和30年頃まで続きました。同じポーズですが、母親の髪型と着物の図柄は時代の移りかわりを敏感に表しています。例えば、髪型は二百三高地から大正中期の丸まげ、昭和の束髪、洋髪、パーマネントと変わっていきました。そして、赤ちゃんの写真をあしらったデザイン、現在の文字だけのデザインへと引き継がれていきます。

赤ちゃんから大人の方まで

写真【商品ラインナップ】

現在、シッカロールは使い心地や効果に合わせて様々なタイプの商品をご用意しています。赤ちゃんをはじめ、ご家族そろってお使いいただいています。

商品詳細
商品の特徴

●サラッとした肌ざわり、さわやかな香りで赤ちゃんをはじめ、ご家族そろって使えます。
●お風呂上がりに最適です。

※使用上の注意をよく読み、
用法・用量を守って正しくお使いください。
商品写真※パッケージは変更する場合がございます。
商品詳細(一例)
シッカロール・ハイ医薬部外品
効能・効果
あせも、おむつかぶれ、ただれ、股ずれ
用法・用量
肌を清潔にして、水気をタオル等でふき取ってから、少量のパウダーを手の平またはパフに取り、軽くおさえるようにして優しく肌にのばす。
成分・分量
有効成分:クロルヒドロキシAl
その他の成分:タルク、コーンスターチ、香料
商品構成
缶160g、紙170g

商品に関する詳細情報は、和光堂株式会社の企業サイト商品写真で、ご確認ください。